「ゼブラパン」沖縄のご当地パンとして有名なオキコのロングセラーパン

沖縄限定品

沖縄のコンビニ(ファミリーマートとローソン。セブンイレブンはPB率が高いです)は東京では見られないパンが多く並んでいて,それらをコンプリートするのも楽しみのひとつになります。

そして,パンを販売しているのは「オキコパン」や「ぐしけんパン」など馴染みがないブランドです(ファミマやローソンのPBブランドをつくっているのもこれらの会社です)。

そんな沖縄のパンからオキコの「ゼブラパン」を紹介します。

オキコパン

オキコパン

オキコパンのWebサイトより

オキコは,1947年,豊見城村(とみぐすくそん)(現・豊見城市)に「沖縄興業株式会社」として設立されました。

1960年に「オキコ株式会社」に変更。

沖縄では製菓や製麺なども手掛けており,コンビニなどではほぼ必ずオキコの商品を見かけます。

オキコの商品は楽天で取り寄せられます。

[kanren url=”https://okinawa.usecompany.work/gushikenpan-nakayoshi”]

ゼブラパン:1980年代に生まれたロングセラー

ゼブラパン

ゼブラパンの断面。ピーナッツクリームがサンドされています。

そんなオキコのロングセラーのひとつが「ゼブラパン」です。

ゼブラパンは1980年頃に試作された生地にピーナッツクリームを挟んで食べたところ,おいしかったことから商品化されることになりました。

ゼブラパンの名前の由来は,黒糖シートとピーナッツクリームの断面がシマ模様に見えたことからといいます。この黒糖シートが,いかにも沖縄という感じがして沖縄好きにはたまりません。

現在はオキコNo.1の菓子パンとなっており,沖縄のご当地パンとして知られています。

それもあり,ファミマやローソンなどのコンビニなどでも販売されています(沖縄県に上陸したコンビニの後発であるセブンイレブンはPB商品が多く,あまり販売されていないように感じます)。

 

ゼブラパン

ゼブラパンの大きさ。成人男性でもなかなかお腹にたまります。

ゼブラパン唯一の欠点といえば,普通に食べるには大きすぎることです(笑)。

カロリーは563kcal(脂質は25.0g)。

菓子パンの平均が350〜450kcalであるのを考えると,その大きさがわかります。

沖縄に来てコンビニで主食としてゼブラパンを食べる方は少ないと思うので(僕はそういうときもありますが),特に女性の方はシェアして食べるのをオススメします。

https://okinawa.usecompany.work/wp-content/uploads/2021/08/icon-someya-80.jpg
SOMEYA

僕はゼブラパンを食べるときは2日間に分けて食べることが多いです。

ゼブラパンの基本情報

商品名 ゼブラパン
メーカー名 オキコ
栄養成分 エネルギー:563kcal
たんぱく質:10.0g
脂質:25.0g
炭水化物:73.0g
ナトリウム:393mg
価格 180円
公式サイト https://okiko.net/zebra2018
SOMEYA

SOMEYA

沖縄引きこもりクリエイター。東京と沖縄を往復しているうちに,気づいたら沖縄に居住することに。沖縄県那覇市の国際通り周辺のホテルに引きこもる生活を続ける。 【好き】沖縄料理・御菓子御殿・龍が如く3・Cocco・中文/한국어

関連記事

TOP